主婦の借入について

主婦の借入について

初めての主婦キャッシングはここを注意!

はじめて主婦の方がキャッシングを検討する場合、幾つかの注意点をきちんと意識して会社選び等を行う事が大切です。

 

 

ましてやどんな職業、業者にも悪質な業者もいるので、その辺にも十分に注意し借入れを上手に行ってください。

 

 

主婦のみなさんの中で、これからキャッシング利用をしたいと考えている場合、やはりはじめては不安だと思いますが、まずキャッシングをする上で確認すべきが、キャッシングの限度額云々ではなく、毎月の負担となる返済の方の確認をする事。

 

 

返済額は毎月どれくらいになるか?

 

限度額に伴いその返済は高くないか等の部分をまずチェックして幾つかの主婦のみなさんのための金融商品を比較して選ぶ事が大切です。

 

 

又当然返済日というのも返済が遅れないようにしっかりと最適な日を考えておく事も大切ですし、金利や年率等もきちんと把握し借入れしなくてはいけません。

 

更に、返済が滞ったさいには、損害延滞金等も支払わなくてはいけませんので、その辺の確認もしっかりと行いキャッシングするにあたる各規定、内容はきちんと認識した上でのキャッシングが大切です。

 

 

キャッシングをすることは以前に比べ、多少面倒となりましたが、やはり実際はどちらかと言うとすぐに借りられてしまう世の中なので、使いすぎには十分に注意し、「ついつい借り過ぎた」と言う事が無いようにキャッシングは計画性を持ち利用される事がおススメです。

 

 

 

 

主婦のキャッシング事情

 

貸金業法によりキャッシングの際の審査等が厳しくなり、主婦による貸付が出来ないという声も非常に多い。

 

では主婦の立場ではお金に困った時に借りる場所はないのか?

 

この答えは「No」です。

 

 

貸金業法の改正、つまり総量規制なるものですが、これにより主婦のキャッシングができないか?というと、これは違います。

 

 

確かに、総量規制の問題により「収入の3分の1以上の借入れはできない」と言う事になりますが、これはあくまで貸金業者による規制、法律ということになり、銀行系金融商品等は関係ないもの。

 

 

つまり、簡単に主婦(収入がない等の方)の方がキャッシングをしたいと考えた時、確かに消費者金融での貸付は難しいのですが、銀行系の金融商品の場合は総量規制や法の改正等に関係ないものなので、こちらの金融商品を利用しキャッシングすれば簡単にできる事になります。

 

又仮に主婦によるキャッシングでも消費者金融等の貸金業者での貸付が出来る場合もあり、いずれにしても主婦のキャッシングは出来ないというものではなく「出来る」といえるものです。

 

 

その結論は確かに「年収」が大きく関係しており、キャッシングに伴う「総量規制」&「年収」に色々な意味が含まれていて、消費者金融や信販会社等での主婦のキャッシングが可能になるということなのです。

 

 

 

主婦のための金融知識「貸金業法&総量規制」

主婦の借り入れが出来ない!?

 

これは数年前から貸金業法と総量規制の法律ができたからです。

 

 

しかしどんな方でも急にお金に困る時もあり、尚且つ急にお金を必要になる事もあります。

 

主婦がそんな「困った時」この法律があるならどうすればいいのか?と思ってしまいますが、ではこの「貸金業法」と「総量規制」がどのようなものであるかをご説明していきます。

 

 

貸金業法、これはあくまで「個人の借入れに対する法律」です。

 

要するに、この法律はキャッシングに対する法律であり「総量規制」は、借入れできる額に対する決まり。

 

 

そもそも主婦の借り入れが今難しいと言われているのがこの「規制総量」が原因で、この総量規制は、年収の3分の1の借入れが限界ですよというものですから、年収のない主婦の借入れが難しいと考えられているわけです。

 

ですが、主婦の場合は、家庭内に入る世帯収入がありますので、それによりその年収の3分の1の範囲内で主婦と言っても借り入れができるのです。

 

 

またこの総量規制は、貸金業法による法律なので、銀行系の金融商品には該当しませんから銀行系の金融商品を借りる場合は関係ありません。

 

更に例えば複数の借入れがあり、それをまとめるという商品の利用の際は、総量規制の対象外として借入れする事も出来ます。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ